1. >>
  2. >>

2015年7月20日

虫歯と健康への影響

cbc2d6fb92a27c3e018d090cfa035ad6 こんにちは院長です(^^)

今日は虫歯のおはなしです♫

*虫歯になって初めて知る価値*

元気なときは忘れていますが、虫歯で歯が痛んだとき初めて歯の存在を意識するものです。

しかし歯は、常日頃から健康を支える原動力ともいえるほど重要な存在なのです。

虫歯の発生条件は3つあります。

・歯があること

・細菌(虫歯菌)があること

・細菌の栄養源となる糖分があること

これらがそろうことで虫歯が発生します。虫歯が持つ影響力は想像以上に大きいものです。 まず痛みのために噛めなくなります。噛めなくなるとどうなるのでしょうか。

・食事がとれない

・唾液の減少

本来、食べ物をよく噛むことで大量の唾液が分泌されます。

唾液には消化を助ける酵素が含まれているので、減少すれば胃腸の負担が大きくなります。

また口内洗浄作用が低下して、細菌の増殖を許してしまいます。

そのうえ口内乾燥を招き口臭がひどくなります。

このほか唾液のもつ機能がすべて不足する事態へつながるというわけです。

・胃腸障害

・食事の偏り

→柔らかいものばかり食べているうちに、栄養が偏ってしまいます

・噛み合わせのバランスを狂わせる

・顔のゆがみ、肩こり、姿勢のゆがみ

・脳への刺激減少

こういったさまざまな影響と同時に、虫歯の穴から細菌が体のなかへ入り込み、だるさや発熱など不快な症状が出ることもあります。

さらに感染が進み、血液中に細菌が増えると、敗血症などの全身疾患を発症する可能性もあります。

虫歯だからといって、決して油断はできないということです。

虫歯治療はお早めに。

078-793-1320