1. >>
  2. >>

2015年5月25日

あなたの歯茎はピンクですか?

yjimage こんにちは院長です(^^)

今日は歯周病関連で歯茎のチェックをしましょう!!

*歯肉の健康をチェック*

歯肉の健康状態を手っ取り早く知るのは「色」です。

歯肉内部には毛細血管がたくさん集まっています。健康であれば新鮮な血液がスムーズに流れて働いているわけですから、多少個人差はあるにしても薄いピンクに見えるはずです。

しかしここに歯周病菌が入り込んだときは、敵をやっつけるため、毛細血管は拡張して大量の血液を送り込み、白血球グループの力を借りて戦いを始めます。

こうして戦っている間は歯肉に大量に血液が送り込まれているため、歯肉は赤みをおびえてみえます。 この状態が歯肉炎と呼ばれる炎症状態です。

いずれ抗体が完成し、どんどん歯周病菌をやっつけてくれれば炎症はおさまります。

しかし、悪い菌を食べてくれる白血球グループのマクロファージは、歯周病菌との戦いで、歯槽骨や歯肉細胞までも破壊してしまう活性酸素も出します。

歯周病菌との戦いが長引けば長引くほど、歯槽骨はやせていき、歯肉も破壊されます。

そうなれば歯肉の色は紫色になっているでしょう。戦いから生じた老廃物などが膿となってたまっているかもしれません。

さあ、あなたの歯肉はどんな状態ですか?チェックしましょう。

・歯肉が薄いピンク

・歯肉を指で押すと硬い骨の感触がある

・歯と歯の間の歯肉が詰まっている

・歯と歯肉の境目に出血は無い

ひとつもチェックが入らなければ、当院にご相談ください。

炎症が軽ければプラークや歯石を取るだけで歯肉は回復します。

078-793-1320