1. >>
  2. >>

2015年4月14日

スポーツと奥歯の深い間柄

baseball_hit 院長です(^^)

今日はスポーツと歯の関係のおはなしです♫

*歯をくいしばって一等賞*

あなたは運動会で短距離走をするとき、口を開けて走りますか?

きっと口を結んで走ると思います。

誰もが「ここ一番!」と力を入れなければならないときは、無意識に口を閉じて奥歯を噛み締めます。

遠くへジャンプしたりボールを打ったりするときなどの瞬発力や強い力は、奥歯を噛み締めると発揮できます。

スポーツ選手にとって、奥歯はとても大切です。

とくに相手にぶつかっていくような相撲の立ち会いなどでは、その瞬間に100kgを超える力が奥歯にかかるそうです。

将来あなたがプロのスポーツ選手になりたいと思っているのなら、強い顎と奥歯は必要です。

今のうちから柔らかいものばかり食べずに、しっかり噛んで鍛えることが大切です。

*より強く噛み締めるためのマウスピース*

左右の噛み合わせのバランスが崩れていれば、奥歯をしっかりと噛み締めることができません。

噛み合わせが悪いままスポーツを続けていると、頭痛や顎関節症、肩こりなどを引き起こすといわれています。

こういった噛み合わせの補正や、歯を衝撃から守るために、多くのスポーツ選手がスポーツ用マウスピースを使っています。

マウスピースをはめると噛み合わせの高さが変わり、より強く噛み締めることができます。

普段より高い運動能力が出る人もいます。また強く噛み締めることで頭部の外傷を予防することもできます。

このようにスポーツと噛み合わせは密接な関係を持っているのです。

当院では、月一度の矯正専門医による矯正相談をさせていただいております。

顎関節症や噛み合わせの相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)  

078-793-1320