1. >>
  2. >>

2015年4月3日

学校での歯科検査

yjimageIQL94TWK 1-3 img_0 院長です(^^)

今日はみなさんが受けている学校での歯科検診のおはなしです♫

*みんなで並んで受ける歯科検査*

毎度おなじみ学校での歯科検診ですが、みなさんご存知のように歯の健康状態をチェックするものです。

この歯科検診ではどんなことが調べられているのでしょう。

永久歯の場合は前から奥へ順番に1番、2番、3番と数えます。例えば右上の第一小臼歯であれば、右上5番とよびます

乳歯の場合は同じように前からA、B、Cと数えます。

右上Dといえば、上の右側の第一小臼歯を指します。検診では、その言い方にCという表現がつきます。

Cとはカリエス(虫歯)の進行度を表し、軽い方からC1、C2、C3、C4と4つの段階に分類します。

できればC1の段階で治療をしておきたいですね(^^)

*みなさんの虫歯はどの段階でしょうか*

・C1…エナメル質だけが虫歯=痛みやしみることはありません

・C2…象牙質まで虫歯が進んでいる状態=冷たいものの刺激が神経のある歯髄に伝わってしみる状態です

・C3…歯髄まで虫歯が進んでいる状態=熱いもの、甘いもの、酸っぱいものがしみて激しい痛みがあります

・C4…歯の頭の部分が崩壊して根だけが残っている状態=抜歯しなければならないこともあります

検診のときに「1から5マル、6がC2…」と歯医者さんがおっしゃたら、奥の六歳臼歯だけが少し痛みを感じるところまで虫歯になっているというこよです。

さてみなさんの検診結果はどうでしたか?

078-793-1320