1. >>
  2. >>

2015年3月25日

昔の人の歯磨き

  yjimage 院長です(^^)

今日は昔の人の歯磨きのおはなしです♫

*どうやって歯を磨いたの?*

昔の人はどんなふうに歯を磨いていたのでしょう。 昔の本には、「朝起きたら湯で口をすすいでまず汚れを出し、その後干した塩を指に付けて上下の歯と歯肉を磨き、お湯を 使って十分にすすぐ」とあります。

このようにかつては塩を指につけて、歯と歯茎をマッサージする方法が歯磨きの基本だったようです。

歯ブラシの役割としては、平安時代から鎌倉時代にかけて、すでに楊枝を使っていたということです。

古代エジプトでは「チュースティック」、古代インドでは「歯木」と呼ばれたものが、歯ブラシの始まりだったようです。 どちらも、木の枝の端を噛んで柔らかくしたもので、それに練り歯磨きをつけていたそうです。 また古代エジプトの医学書「パピルス」には、練り歯磨きの成分が書き記されているといいますから、これが世界最古の練り 歯磨きかもしれません。 写真の植物は「トクサ」と言います。表面に細かい筋が入った植物です。 乾燥させて、日本人形の顔を磨くときなどに研磨材として使用します。名前の由来も「研ぐ草」からついたものだそうです。 その細かい筋が人形の肌をつるつるにします。 このトクサを、地方によっては歯磨きのブラシ代わりに使ったそうです。 確かに歯の表面もつるつるになりそうですね。 昔の人も、さまざまな物で歯をきれいに保つために努力したのですね。
078-793-1320