1. >>
  2. >>

2015年3月12日

0~6歳の口の中ってどんなの?

yjimage こんにちは院長です(^^)

今日から乳歯についておさらいしていきます♫

*生え変わる乳歯*

永久歯に生え変わるまでの歯を「乳歯」といいます。 大人の大きな歯は「永久歯」といいます。 乳歯は体が成長するにつれ、時期がくれば抜けて、永久歯に生え変わります。 抜けるときは自然にぐらぐらして取れてしまうので、特別な痛みはありません。

*重要な乳歯の働き*

いつかは抜ける乳歯ですが、とても大事な役割をもっています。 どんな役割でしょうか。 ・噛む よく噛んで食べると、体を大きくする栄養がおなかでしっかり吸収されます。 しっかり噛むことは、歯の噛み合わせにより、顎を広げる方向に力が作用することになってしっかりとした顎に成長します。 ・発音 乳歯が生えると、言葉をはっきりと発音するための正しい舌の動かし方を覚えることができます ・永久歯の道案内 乳歯は自然に抜けます。 それは次に生えてくる永久歯が「そろそろ出たいよ」というサインをだしているからです。 永久歯に上手に場所をゆずるために、虫歯にならないように気をつけましょう。

*乳歯の頃から虫歯予防を*

1歳半頃には上下前歯の4本が生えます。 そのころからお子さんに乳歯用の歯ブラシを持たせてあげてください。 歯ブラシを持つ習慣がつくだけでも大きな意味があります。 最初はお母さんが手を添えながらの歯磨きトレーニングです♫ 2歳半から3歳ごろの乳歯が生えそろう時期には、自分で歯磨きをする習慣が身についているでしょう。 お母さんの仕上げチェックは、親子のスキンシップのひとつとして楽しみながら続けてください♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
078-793-1320