1. >>
  2. >>

2015年2月24日

歯のはなしーアルミ箔でキーン

estetic-img8 こんにちは院長です(^^)

銀歯でアルミ箔を噛んで、キーンとするような嫌な感覚になったことがありませんか?

これは、成分の異なった金属間で発生する、ガルバニー電流という微弱電流が原因です

歯科で使われる金属は、その患者さんの条件に合わせて色々な種類の成分を混ぜてあります

お口の中には異なる金属が入っている場合は、常にガルバニー電流が発生している状態になります

この電流が、長い時間をかけて金属イオンを溶出させ、金属アレルギーを引き起こす恐れがあるのです

最近の歯科治療では金属を一切使用しないセラミック素材が注目されています

天然の歯と同じように白いため、見た目も美しく、更に金属アレルギーの危険性もないセラミック素材

もりした歯科医院ではセラミックの歯もお取り扱いしております

お気軽にお問い合わせください(^^)

078-793-1320