1. >>
  2. >>

2015年1月20日

入れ歯の歴史ー3

yjimage 院長です♫今日も入れ歯のおはなしです(^^)

写真は初代アメリカ合衆国大統領の入れ歯です!

口の中に入れたらどんな感じなんでしょうね(^_^;)

ワインバーガーによると、アメリカで最初に金製有床義歯(入れ歯)を作ったのは、グリーンウッドであるといっています

彼は、1789年からジョージ・ワシントン(初代アメリカ大統領)の家庭医を務めましたが、1798年、ワシントンのために金製有床義歯をつくっている

ワシントンは、大統領就任時(1789年)には下顎左側小臼歯一本が残存するだけであったと伝わっています このときの義歯は、ニューヨークのグリーンウッドが調製しました

床(粘膜に密着する部分)は象牙,人工の歯は自分の抜いた歯でした

また、1772年チャールス・ウィルソン・パールが調製した義歯床の後端に螺旋状のスプリングを取り付け顎堤粘膜に床を押しつける方法で維持安定させたものもあるそうです

グリーンウッドが二番目に作った義歯も同型で,上顎は、ゴールドプレートとカバの歯の人工歯、下顎は床が象牙で人工歯はカバの歯を彫刻したものである

いかがでしたか?先人の知恵はすばらしいものですね(^^)

それでは次回お楽しみに♫

078-793-1320