1. >>
  2. >>

2015年1月10日

「歯磨き力」をつける秘訣ー2

yjimag-2 こんにちは院長です(^^) 今日は昨日の続きになります♫

・歯垢が落とせる磨き方

ゴシゴシ磨きは毛先が必要以上に曲がってしまい、歯垢は落ちるどころか歯の表面や歯肉も傷つけてしまいます。それを防ぐのに効果的なのは歯ブラシをペンを持つようにすると力が入らず、適度なブラッシングができます♫

・1カ月で新しい歯ブラシに交換しましょう

毛先が広がってしまった歯ブラシは歯垢をとらえきれず磨き残しが増えます。新しい歯ブラシの毛の弾力を上手く利用して磨いてください。お口の中は細菌だらけになります。長期間の使用は衛生面でもおすすめできません

・歯磨き粉は乾いた歯ブラシに1,5センチ位の量出す

歯磨き粉は乾いた歯ブラシに1.5センチ位の量を出します。数年前まで、歯磨き粉のミント味が磨いた気にさせてしまい歯磨きが不十分になると言われており、歯磨き粉は少量で磨くよう指導されていました。しかし、歯磨き粉に含まれているフッ素の虫歯予防効果が日本の虫歯を減らしたと発表され、歯垢を落としやすく手助けしてくれる成分も入っていることから、積極的に使うことをおススメします。最後にフッ素の薬用成分をお口の中に残すために1~2回のすすぎにとどめてください。その後、30分は飲食を控えましょう。

 いかがでしたか? 歯磨き一つをとっても、とても奥が深いですね!

ご不明な点があればどしどし質問してください(^^)

078-793-1320